2006年 10月 06日

赤く燃えて!

毎年この時期になるといっせいに咲くマンジュシャゲ
咲き出したと思ったら、待ってくれない!
あれよ、あれよといっている間にピークが過ぎてしまう。
今回もところどころ、すでに色あせている花もあった。
けれど、蕾のままのものもあり、何とか間に合ったかな?
b0097604_18451722.jpg

b0097604_18461462.jpg

b0097604_18463863.jpg

b0097604_1847837.jpg

b0097604_18513833.jpg

b0097604_18522366.jpg

[PR]

# by nobenohanabana | 2006-10-06 18:52 |
2006年 08月 19日

夕暮れ時Ⅱ

夕暮れも間近になるとなにやら、窓の外が騒がしくなる。
電線に次々とムクドリの停まる数が増えてくる。
20羽から30羽つづ飛んできては電線に止まる。
8本の電線にはみるみる等間隔にムクドリの行列ができる。ざっと数えて3000羽くらいはいると思われる。

b0097604_0251721.jpg


夕日に照らされたムクドリ
b0097604_026343.jpg


電線に止まって、毛づくろいする鳥、場所を取り合ってけんかする鳥、いろいろいるけれど、みんな誰かの指示を待っているようだ。
b0097604_0263780.jpg


まだ、少し余裕があるようだ、また、新たな群れが飛んできて、間に入って停まりに来る。
b0097604_0265747.jpg


誰かが号令をかけたのだろうか。
電線から、今度はケヤキの街路樹に飛び込んでいく。
この時も、どこをねぐらにするか、少々のいさかいが見られる。
盛んに自己主張する鳥の鳴き声がにぎやかだ。
b0097604_0272743.jpg


懸命に鳴きながら自分の寝床を確保しているようだ。
b0097604_0274844.jpg


明日もまた、晴れますように!
b0097604_028551.jpg

[PR]

# by nobenohanabana | 2006-08-19 00:49 |
2006年 08月 07日

伊吹山の朝

2006年8月4日(金)~8月5日 伊吹山夜間登山
4日 25時2合目付近より歩いて登ります。
3合目で新しくなったTOILETを利用します。5合目で小休憩。空を見上げると、雲ひとつない快晴、満天の星、たくさんの星で夏の大三角形も白鳥座も琴座もわからないくらいです。しばし、ベンチに寝転がり星を眺めていると、天の川が見え、流れ星も見えました。
日中は毎日最高気温が更新されて暑かったけれど、さすがに夜の伊吹は心地よい風と気温で眠気もなく快く登ることができました。
頂上には3時過ぎについて、CLがスイカの丸ごとをかついできてくれて冷えたスイカをいただきました。

朝5時23分が日の出の時刻ですがまだ 東の空は少しピンク色で、太陽がでてきません。
b0097604_23123686.jpg


少し予定の時刻より遅く、薄い雲のなかから、真っ赤な太陽が出てきました。
b0097604_2375180.jpg


b0097604_2312427.jpg


たくさんの人がご来光を拝もうと登ってきていました。
お花畑も、赤く染まっています。
b0097604_23132744.jpg


日が高くなると、お花畑の色が鮮やかになってきました。
b0097604_23141787.jpg


シモツケソウ(ピンク)、メタカラコウ(黄色)、シシウド(白)の花が今見ごろです。
b0097604_23151446.jpg


クガイソウ(紫)も大分開いてきました。
b0097604_23294299.jpg


b0097604_23365239.jpg


ご来光に満足して、もう下る人もあります。
b0097604_23155271.jpg


伊吹はガスで覆われる日が多いのですが、この日は珍しく晴れ渡り、
遠く御岳山、乗鞍、白山などの山々が雲海の上に見ることができました。
b0097604_23163134.jpg

お花畑をゆっくりと散策した後、下山、朝の陽射しはやはりきつく、朝から登ってくる人はいっぱい汗をかいて暑そうです。
私たちの足も自然と足早に。1時間45分で、駐車場まで一気に降りてきました。
[PR]

# by nobenohanabana | 2006-08-07 00:05 | 伊吹の花
2006年 06月 01日

春の花 Part8

スミレ各種
シハイスミレb0097604_214480.jpg

エイザンスミレ
b0097604_215459.jpg

スミレサイシン
b0097604_2153281.jpg

ニョイスミレ
b0097604_216469.jpg

アケボノスミレ
b0097604_2163430.jpg

ヒゴスミレ
b0097604_2171410.jpg

コスミレ
b0097604_2174163.jpg


マキノスミレ?
b0097604_218684.jpg


???
b0097604_2183413.jpg
[PR]

# by nobenohanabana | 2006-06-01 21:14 |
2006年 05月 20日

春の花 Part7 

のんびりしてたら、春が終わってしまいそう!
春の花は多くて、あちこち見に歩くことが多くて、画像はたまるばかり!
雨が降っているうちに早くアップしないと、夏になっちゃう~!
雑木林の中を歩くと、新しい命が芽ばえています。
バレーを踊る男性と女性に見えるわ。
さて、赤ちゃんは大きくなったら、どんな木になるでしょう。
b0097604_23474093.jpg


b0097604_23595245.jpg

b0097604_23352343.jpg


b0097604_23363823.jpg


[PR]

# by nobenohanabana | 2006-05-20 00:14
2006年 05月 18日

春の花 Part6

芽吹きの新芽は鮮やかで美しいです。
透過光を浴びるとより鮮明に…
b0097604_8193154.jpg


b0097604_820931.jpg


b0097604_8225139.jpg

[PR]

# by nobenohanabana | 2006-05-18 08:23
2006年 05月 15日

春の花 Part5

早春から、初夏に近づいています。
春の花も駆け足で走り去って行きます。
谷川には雪解け水がものすごい音を立てて流れていました。
b0097604_2051997.jpg


水しぶきがかかるところにかわいキノコのような形の小さなコケの胞子が…
b0097604_2062058.jpg


地味だけど、いい香りの春らんも…
b0097604_2093418.jpg


ムラサキケマン、キケマン、どちらも不思議な形ですが、黄色が好き!
b0097604_20171213.jpg

[PR]

# by nobenohanabana | 2006-05-15 20:17
2006年 05月 15日

春の花 Part4

トウゴクサバノオ(キンポウゲ科)   (東国鯖の尾)
照葉樹林帯上部から夏緑樹林帯下部にかけての林下や谷川沿いなどに生える小形の多年草。茎は直立し5~15㎝。茎の下部の葉は退化し、上部に2,3個付く。葉は3出葉で柄があり、小葉には大きめの鋸葉がある。
花期は4月。
この花お天気が悪いと開かないようです。
朝早いと半開き、15時過ぎるとまた眠たげになるそうです
b0097604_0395195.jpg

b0097604_0422139.jpg

b0097604_044796.jpg

[PR]

# by nobenohanabana | 2006-05-15 00:46
2006年 05月 13日

春の花 Part3 

春の花にはピンク~紫色もあります。
b0097604_53346.jpg
カタクリ

ヤマルリソウ

b0097604_57244.jpg


キクザキイチゲ
b0097604_581072.jpg


イワナシ
b0097604_59281.jpg


イワウチワ
b0097604_516786.jpg

[PR]

# by nobenohanabana | 2006-05-13 05:16
2006年 05月 13日

春の花 Part2

b0097604_4123670.jpg

b0097604_414183.jpg

早春の花の中で純白の花が数々見られます。
1輪草、2輪草、ミヤマハコベ、派手ではないけれど、清楚で可憐な姿の中にたくましさがあって、とても惹かれます。
[PR]

# by nobenohanabana | 2006-05-13 04:17